汎用CAD「ACROVA GMM」とは

 (株)日立製作所から1983年に発売となった2次元汎用CAD「GMMシリーズ」は、2016年10月に(株)日立産業制御ソリューションズへ移管され、Windows10や64bitOSにも対応する最新バージョンが発売開始されています。従来までのDDとMDが統合された2次元汎用CAD「ACROVA GMM V18」、2次元製図ツール「DRAWMAN V18」のラインアップです。バージョンアップはバージョン2010、V17からのみ可能となっております。納期に関しては2週間から3週間程度でお届け出来ております。(2019年06月現在)

 お支払い方法につきましては、従来初回取引におきましては先振込にてお願い致しておりましたが、2019年10月より「クロネコ掛け払い」をご利用いただけるようになりました。これによりお客様には翌月のお支払いにてお買上頂くことが可能になります。(ヤマトクレジットファイナンス株式会社による事前審査がございます)

 今後も引き続きACROVA GMMやDRAWMANをお使いになるユーザー様、企業様のため、当社に在籍するGMMエキスパートとともに、長年の経験と実績から生み出された独自のノウハウで、サポートさせて頂きます。

※ご注意

 当社はメーカーからGMMサポート業務を請け負っているわけではありません。また、GMMの無償サポートを行う業者でもありません。
 今後もGMMシリーズを使い続けたいという方や、これからどうやって運用されていきたいか検討なさりたい方からのご相談を承っておりますので、ご了承下さい。

【PR】iPad-PC リモートシステム

当システムは、出先で社内PCのファイルを確認したい時や、販売管理システムを使って価格を調べたいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムです。