Win10アップデート後の再インストールについて

Windows10の無償アップデート期間は、2015年7月29日から1年間とされていますので、2016年7月28日までということになります。この日まではWindows10にアップデートできる機種においては更新可能です。

更新後何らかの事情により再度Windows10をインストールしなければならなくなった場合について、以下の通りまとめさせていただきますので、ご一読下さい。

【ケース1】元々Windows7がプリインストールされたPCをWindows10へアップデートした場合

  • 無償アップデート期間中はWindows10のISOファイルから作成したインストールDVDを使ってクリーンインストールが可能です。
  • 無償アップデート期間中で、かつハードウェア構成が変更されている場合には、元々のWindows7にリカバリーした後にWindows10へアップデートする手順で再インストールが可能です。
  • 無償アップデート期間終了後は、ハードウェア構成が変更されていない場合に限り、先ほど同様再インストールが可能ですが、マザーボードの交換などのハードウェア構成変更があった場合には、新たにWindows10のパッケージ商品を購入する必要があります。

【ケース2】元々WindowsVistaがプリインストールされたPCからアップグレードメディアなどでWindows7にしたPCを、さらにWindows10へアップデートした場合

  • 無償アップデート期間中はWindows10のISOファイルから作成したインストールDVDを使ってクリーンインストールが可能です。
  • 無償アップデート期間中で、かつハードウェア構成が変更されている場合には、元々のVistaからWindows7にリカバリーした後にWindows10へアップデートする手順で再インストールが可能です。
  • 無償アップデート期間終了後は、ハードウェア構成が変更されていない場合に限り、先ほど同様再インストールが可能ですが、マザーボードの交換などのハードウェア構成変更があった場合には、新たにWindows10のパッケージ商品を購入する必要があります。

つまり、ハード故障が原因で部品交換したPCにWindows10をリカバリーできるのは無償期間中(2016年7月28日まで)だけで、その後はWindows10パッケージを購入する必要がある、ということです。

『今のうちにアップデートしておけばタダでWin10が手に入る』というのは嘘ではありませんが、将来的にこのまま使えるかどうかは別の話なんだ、ということを理解した上でお使い頂きたいと思います。

(I)

Follow me!

【PR】地域防犯カメラ設置

昨今、地域に起こる様々な犯罪や事故を防ぐ目的で、公園や学校周辺に防犯カメラを設置するケースが増えてきております。名古屋市の場合、導入費用の2/3を補助する制度を利用して安価に導入していただく事も可能です。