Office365のオフィスには20xxが付かない?

PCを複数台お買い上げ頂くとき、またはすでに複数台お持ちの事業所様などへは、当社としてはOffice 365 Businessのご契約をお勧め致しております。1ユーザーあたり5台のPCにオフィス製品群をインストールしてご使用頂ける本商品は、毎年のサブスクリプション契約となりますが、トータルで考えた場合かなりお得になるパッケージと考えております。一方で、永続ライセンスの従来タイプのオフィスもございます。最新では「Office 2019」シリーズとなります。

Office 365をご契約の場合、常に最新版オフィスの使用権が含まれておりますので、この商品を使える、と考えるのが普通ですが、実は少々違います。Office 365をお使いの方ならお気づきのことと存じますが、起動するときのロゴマークに年数の表記がありません。Excel 2016とかWord 2016とかではなく、Excel Office 365、Word Office 365と表記されています。これに表されているように、365のOfficeは年号によるナンバリングは無く、バージョンとビルド番号による管理となっています。ちなみに私のExcelは、この記事を書いている時点では、バージョン1808、ビルド10730.20088、となっていました。この1808は2018年8月を表します。

365の自動更新は、月毎か半期毎か管理者が選択できます。半期というのは1月と7月です。更新を随時して欲しいかどうかによって選択できるんですね。

「今365をご契約の方のオフィスは2019相当」
と言うのが正しい表現のようです。
年間契約で常に更新される本契約ですから、特に年数によるナンバリングを行う意味も無い、といったところなんでしょう。

(I)

Follow me!

【PR】地域防犯カメラ設置

昨今、地域に起こる様々な犯罪や事故を防ぐ目的で、公園や学校周辺に防犯カメラを設置するケースが増えてきております。名古屋市の場合、導入費用の2/3を補助する制度を利用して安価に導入していただく事も可能です。