Windows7の延長サポートが再延長?!(あれ?再々延長だったっけ)

Windows 7のサポート終了が来年の1月14日に迫ってきています。
そんな中、さらに延長されるというニュースを見聞きされた方もみえると思います。

その真意はというと・・・

『本当です』
ただし・・・が付きますが(^^ゞ

Windows 7でもHomeは対象外です。Professialなどの法人向けのものです。
また、1台毎に費用が毎年発生して、2020年から2023年までの3年間限定です。
費用は、1年目50ドル、2年目100ドル、3年目200ドル、が目安らしいです。
Windows 7 ESU (Extended Security Updates) というライセンス契約で、購入できる販売店は限られますが、法人向けライセンス商品を取り扱う販売店であれば購入できるものと思われます。

あと、Windows 7 のダウングレード版をお使いの方は、来年の1月14日まででダウングレード権が消滅します。
つまり、その日以降パソコンをそのまま使用するとサポートが切れるどころかライセンス違反となります。
以下のサイトにライセンス条項がまとめられていますが、そこのダウングレード権の項目に『ダウングレード権は、かかる旧バージョンのサポートを提供している期間に限る』と明記されています。

マイクロソフトソフトウェアライセンス条項 ~WINDOWS オペレーティングシステムhttps://www.microsoft.com/en-us/Useterms/OEM/Windows/10/Useterms_OEM_Windows_10_Japanese.htm

つまりは、先ほどご紹介したESUを契約すれば、ライセンスも延長されることになりますが、いずれにせよ、ESUは一時しのぎです。
Win10に乗り換える方法を考える最後のチャンスと思った方が良さそうです。

(I)

Follow me!

投稿者プロフィール

石谷 智
石谷 智営業部長
パソコン絡みの案件が専門です。迅速な対応を心がけています。

主な担当:パソコンの障害対応、セットアップ、操作指導、サイト構築、画像加工、フォトムービー製作などなど
入社:1990年5月
趣味:ボウリング、映画鑑賞

【PR】Acrova GMM シリーズ

今後も引き続きACROVA GMMやDRAWMANをお使いになるユーザー様、企業様のため、当社に在籍するGMMエキスパートとともに、長年の経験と実績から生み出された独自のノウハウで、サポートさせて頂きます。