Windows11が発売されて少し経ちますが、Windows10を継続使用されている方、新規購入される場合でもWindows10ダウングレードを選択されている方は従来通り問題ないのですが、Windows11を新規購入された場合、初期セットアップウイザードでマイクロソフトアカウントを作成しないと先に進めなくなっていることにお気づきでしょうか。以前はLANケーブルを抜いておけばローカルアカウントの作成画面に移行できましたが、今回はそうは行かないようです。

 以下、Windows11でローカルアカウントを作成して初期セットアップを進めていく手順を解説します。

 初期セットアップの一番初めの「国または地域はこれでよろしいですか?」画面で、キーボードで『Shiftを押しながらF10』を押します。黒い画面が表示されたら、

 oobe\BypassNRO.cmd(\は半角円マーク)

 と入力してEnterキーを押します。
 正しく入力されていればここで再起動されます。

 再起動されて「国または地域はこれでよろしいですか?」画面に戻ってきたら、LANケーブルがパソコンに刺さっていないことを確認して、初期セットアップを進めます。すると「ネットワークに接続しましょう」画面の継続ボタンの左に「インターネットに接続していません」というリンクが現れているはずです。ここから進めましょう。

 「制限された設定で続行」をさらにクリックして、次の画面でローカルアカウントとなる「名前」を入力して「次へ」をクリックします。次の画面でパスワードを入力します。空欄でも進められます。パスワードを入力した場合には、セキュリティの質問を作成するように促されます。

 以上で、デスクトップ画面に移行して無事にローカルアカウントで起動できました。

(I)

Follow me!

投稿者プロフィール

石谷 智
石谷 智営業部長
パソコン絡みの案件が専門です。迅速な対応を心がけています。

主な担当:パソコンの障害対応、セットアップ、操作指導、サイト構築、画像加工、フォトムービー製作、FileMakerソリューション開発などなど
入社:1990年5月
趣味:ボウリング、映画鑑賞

【PR】iPad-PC リモートシステム

当システムは、出先で社内PCのファイルを確認したい時や、販売管理システムを使って価格を調べたいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムです。