せっかくWindows10に戻したのに、「更新してシャットダウン」「更新して再起動」をするとWindows11になってしまう~😭 という方へ。

止める手順をご紹介します。

  1. スタートボタンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
  2. 入力欄に「gpedit.msc」と入力してOKボタンをクリックします。
  3. 左側画面の「ローカルコンピューターポリシー」→「コンピューターの構成」の下にある「管理テンプレート」をクリックします。
  4. 右側に表示された中から「Windows コンポーネント」をダブルクリックします。
  5. 右側に表示された中から「Windows Update」をダブルクリックします。
  6. 右側に表示された中から「Windows Update for Business」をダブルクリックします。
  7. 右側に表示された中から「ターゲット機能更新プログラムのバージョンを選択する」をダブルクリックします。
  8. 「有効」にチェックを入れます。
  9. その下のオプション欄に、ターゲット欄のみの方はそこに「21H2」と入力します。その欄の上に「どのWindows製品の・・・」という欄がある場合には「Windows 10」と追加で入力します。
  10. 「適用」ボタンをクリックし「OK」ボタンをクリックします。

これで、Windows 10 21H2 より先のアップデートは受け入れないようになります。来年もし22H1的なものがでて更新したいとなった場合には、先ほどの21H2の部分を書き換える必要が出てきます。

どうしてもWin11になっちゃうと言う方はお試し下さい。

(I)

Follow me!

投稿者プロフィール

石谷 智
石谷 智営業部長
パソコン絡みの案件が専門です。迅速な対応を心がけています。

主な担当:パソコンの障害対応、セットアップ、操作指導、サイト構築、画像加工、フォトムービー製作などなど
入社:1990年5月
趣味:ボウリング、映画鑑賞

【PR】iPad-PC リモートシステム

当システムは、出先で社内PCのファイルを確認したい時や、販売管理システムを使って価格を調べたいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムです。