先日、富士フィルム製のコピー機(旧富士ゼロックス)をお使いいただいているお得意先から、

気が付いたらWindows11になっていて復元からWindows10に戻したけれども、コピー機の手差しへ印刷する際に見たことがないエラーが出て印刷できなくなってしまった…

とお問い合わせをいただきました。
メーカーに相談したところ、このケースは把握しているそうで、汎用ドライバーを導入することで回避できるが、根本的な解決にはWindows10のクリーンインストールを行うほかないとのこと。

そこで、通常のドライバーでは手差し以外の印刷は通常通り動作するので、手差し用に汎用ドライバーをインストールして別のプリンターとして登録し、アプリケーションから印字する際にはプリンターのプロパティを使わずにプリンターを切り替えて使っていただくことにしました。汎用ドライバーのダウンロード先は以下の通りです。

Multi-model Print Driver 2 : ダウンロード : 富士フイルムビジネスイノベーション
https://www.fujifilm.com/fb/download/software/mm_prt_drv

やはり、Windows11にすることで発生する不具合はいろいろとあるようです。
皆様お気を付けください。

(I)

Follow me!

投稿者プロフィール

石谷 智
石谷 智営業部長
パソコン絡みの案件が専門です。迅速な対応を心がけています。

主な担当:パソコンの障害対応、セットアップ、操作指導、サイト構築、画像加工、フォトムービー製作などなど
入社:1990年5月
趣味:ボウリング、映画鑑賞

【PR】地域防犯カメラ設置

昨今、地域に起こる様々な犯罪や事故を防ぐ目的で、公園や学校周辺に防犯カメラを設置するケースが増えてきております。名古屋市の場合、導入費用の2/3を補助する制度を利用して安価に導入していただく事も可能です。