GoogleがGmailのセキュリティレベルを引き上げてから1年半が経過しますが、弊社への「Gmailへメールが届かない」というお問い合わせは相変わらず続いております。

 以前「Gmail宛のメールが届かない!」という題名で記事を投稿いたしましたが、届かない原因は、お使いになられているドメイン設定にGmailが採用しているセキュリティ項目が無いまたは不足しているのが原因である可能性が高いです。

 届かない状況を打破するには、SPF、DMARC、DKIMのいずれか又は複数を設定できるメールサーバーを利用すること、またはGoogle Workspace(有料版Gmail)を利用することです。弊社が採用しているメールサーバーではSPFのみしか設定できない為、しかたなく有料版Gmailを採用しました。その結果不達は解消されました。ただし、1メールアドレスにつき680円/月が発生します。

 どうも、GmailはSPFではなくDMARC、DKIMを特に判断基準としているようです。DMARCに対応しているレンタルサーバーとしては、エックスサーバーやConoHa WINGなどがあるようですが、詳細はサーバー会社にお問い合わせください。

 ちなみに、SPFは『なりすましメールを防止するために、送信者がドメイン所有者であるかどうか判定する機能』、DKIMは『メールに電子署名を付与して送信することでメール内容が改ざんされていないかチェックする機能』、DMARCは『SPF・DKIMの認証に失敗した「なりすまし」の可能性がある危険なメールを、ドメインの所有者がコントロールするための機能』です。Googleとしては、これらの機能を設定されているドメインの信頼性は高いと判断しているのです。

 これらの設定が当たり前の状況になるまでは、メール不達問題が解消されることはないでしょう。

(I)

Follow me!

投稿者プロフィール

石谷 智
石谷 智営業部長
パソコン絡みの案件が専門です。迅速な対応を心がけています。

主な担当:パソコンの障害対応、セットアップ、操作指導、サイト構築、画像加工、フォトムービー製作、FileMakerソリューション開発などなど
入社:1990年5月
趣味:ボウリング、映画鑑賞

【PR】地域防犯カメラ設置

昨今、地域に起こる様々な犯罪や事故を防ぐ目的で、公園や学校周辺に防犯カメラを設置するケースが増えてきております。名古屋市の場合、導入費用の2/3を補助する制度を利用して安価に導入していただく事も可能です。