メールの添付ファイルを実行させることで感染を広げていくマルウェア「Emotet(エモテット)」
メールアドレスなどの情報を盗まれ、マルウェア拡大の踏み台にされてしまう厄介なプログラムです。
3月にも注意喚起する記事を掲載させていただきましたが、ここにきて新たな拡大手法を投じてきた新エモテットも確認されているそうですので、さらに注意していきましょう。

従来はWordやExcelのマクロによる感染が中心だったのですが、それらのファイルがなくてもショートカットファイル(LNKファイル)あるいはそれを含むパスワード付きZipファイルをを実行すると、スクリプトファイルが生成、実行され、Emotetに感染してしまうようです。

引き続き、身に覚えのない添付ファイルを実行することは避けていきましょう。また、WordやExcelのセキュリティ設定を見直すことも感染防止につながる有効な方法です。設定手順は前回の記事に記載しております。またエモテットに感染しているかチェックするプログラム「Emocheck」もご紹介しておりますので、併せてご確認ください。

最後に、今回のような事態について分析、情報公開などを行っている組織「JPCERT/CC(ジェーピーサート/シーシー)」の投稿をご紹介します。この組織は、特定の政府機関や企業から独立した、中立で、インターネットのコンピューターインシデントに対応する組織です。日本における情報セキュリティ対策活動の向上に取り組んでいる民間の非営利団体(一般社団法人)です。

マルウェアEmotetの感染再拡大に関する注意喚起 ~ JPCERT/CC(ジェーピーサート/シーシー)

(I)

Follow me!

投稿者プロフィール

石谷 智
石谷 智営業部長
パソコン絡みの案件が専門です。迅速な対応を心がけています。

主な担当:パソコンの障害対応、セットアップ、操作指導、サイト構築、画像加工、フォトムービー製作などなど
入社:1990年5月
趣味:ボウリング、映画鑑賞

【PR】地域防犯カメラ設置

昨今、地域に起こる様々な犯罪や事故を防ぐ目的で、公園や学校周辺に防犯カメラを設置するケースが増えてきております。名古屋市の場合、導入費用の2/3を補助する制度を利用して安価に導入していただく事も可能です。